English resume

東広島道場での種目

竹内流ではむやみな殺生を避け、寸止めで敵を威嚇して降伏させて味方に引き入れるのを特徴とする。
竹内流では山岳戦を制するための一連の武芸が現在まで形を変えず伝えられている。武術は腕力に頼らず、有酸素運動で技を駆使する。
東広島道場で稽古している主な種目は柔術、棒術、剣法斉手、小具足、居合である。

柔術(小具足)

流祖の伝にちなむ1尺2寸(36 cm)前後の小刀(しょうとう)を用いる組討である。 通常は袋竹刀、小木刀で稽古をし、時には、刃渡り28 cmの小具足用脇差を用いる。柔術の原理を多様に含んでいるのが特徴。

小具足1
小具足2
竹内流小具足用脇差

竹内流小具足用脇差

柔術(羽手)

素手の組討ちで、いわゆる拳法体術である。殴りかかる、襟を取りにくる相手から身を守る技で、関節を取る、投げるなど、筋力に頼らず技で克服する。 すべての技に「留め」があるのが特色。

柔術1
柔術2

棒術

棒表と棒裏の稽古では6尺(180 cm)の棒を用いる。稽古は単独または二人で行う。江戸時代には帯刀を許されない庶民が修行できる代表的な武術の一つであった。

棒術1
棒術2

剣法斉手

大、小の木刀を用いる。捕手の基本と柔術への移行過程を体験できるのが特色。江戸時代には帯刀を許された者の武術であった。

剣法斉手1
剣法斉手2

居合

居合刀または真剣を用いる。竹内流では「いあい」を「抜刀」と表記する。「居合」と同じであるが、刀を抜く心得や刀法など心技両面の稽古に重点を置き、相手を殺傷しないのが特色。

居合1
居合2
竹内流相伝家本部道場

竹内流は「柔術の源流」 と呼ばれています。 四百数十年を経た今、道場一帯は 「竹内流発祥の地」として岡山県 指定史跡になっており、一子相伝 で流儀が継承されています。

新規ウィンドウアイコン :新規ウィンドウを表示

inserted by FC2 system