English resume

概要

竹内流の概要

竹内流(たけのうちりゅう)は天文元年(1532)、美作国竹内中務大輔久盛によって創始され、親(流祖)・子(二代目)・孫(三代目)の三代にわたって完成された武術である。 以来、当時の術技と血脈が一子相伝で連綿と継承されている。

竹内流は柔術として有名であるが、元々は戦国時代の捕手・腰廻小具足の術である。組討によって敵の武将を生け捕りにするこの技法には柔術の原理がふんだんに含まれており、また、数多くの流派の成立にも大きな影響を及ぼしてきた。竹内流が柔術の源流といわれる所以である。

竹内流柔術の中核は「腰廻小具足」と「羽手」である。これに「捕縄」が付随する。また、剣法斉手や抜刀(いあい)、長刀(なぎなた)、槍から発展した棒術などを伝承している。竹内流は総合武術なのである。
系譜、流儀概要などの詳細は相伝家道場のホームページ新規ウィンドウアイコン を参照のこと。

道場

竹内流相伝家道場

竹内流相伝家道場

表札

岡山市北区建部町角石谷にある、道場一帯が岡山県指定史跡「竹内流発祥の地」である。 流祖以来の技と血脈を文字通り一子相伝で継承しており、現在の師範は相伝家十三代目竹内藤十郎である。

東広島道場での種目

竹内流ではむやみな殺生を避け、寸止めで敵を威嚇して降伏させて味方に引き入れるのを特徴とする。竹内流では山岳戦を制するための一連の武芸が現在まで形を変えず伝えられている。 武術は腕力に頼らず、有酸素運動で技を駆使する。
東広島道場で稽古している主な種目は柔術、棒術、剣法斉手、小具足、居合である。

竹内流に関する資料

竹内流相伝家本部道場

竹内流は「柔術の源流」 と呼ばれています。 四百数十年を経た今、道場一帯は 「竹内流発祥の地」として岡山県 指定史跡になっており、一子相伝 で流儀が継承されています。

新規ウィンドウアイコン :新規ウィンドウを表示

inserted by FC2 system